スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
チーズの王様 パルミジャーノ・レッジャーノを語る会
7日の月曜日は平尾のルプアンさんのお誘いでフェルミエの本間さんがお見えになってパルミジャーノのお話をいただけるということで楽しみに出かけました。シニョーラも3ヶ月ほどすんでいたパルマでのこともありさらにチーズのことをもっと深く知るよい機会となった。今回はなんと36ヶ月熟成のパルミジャーノが登場しました。これは500ほどある生産者の中でもこだわりのボナーティーさんの作ったものだそうです。ti-zu1.jpg
チーズはそのほかにも充実していて24ヶ月熟成のパルミジャーノとサルバクレマスコというフレッシュタイプとカルロフィオーレさんのゴルゴンゾーラピッカンテ、フェルミエとイタリアの合作のさくらの葉で包まれたシェーブルのラ ロッサと盛りだくさんでした。ワインもランブルスコから始まりバローロ、ビンサントと登場しそのほかにもニョッコと生ハムふだん草とプッチーニのトルタやズブリゾローナと満腹な一日となりました。最後はパルミジャーノチーズ風味のパイナップルのトルタ。これもまたブオニッシモでした。ti-zu2.jpg
イタリアーノなチーズ、ワイン、お料理ごちそうさまでした!!
スポンサーサイト
【2008/04/10 19:55 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<4月のお料理教室 マリネと基本のラグーをマスター! | ホーム | DAL MERCATO ダル メルカート8>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。