スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
夏の終わりの冬支度
今年の夏は暑く猛暑記録を各地で作ったようだ。夏の畑は日差しは十分だったがからからになってわずかなゆうだちでは追いつかず乾燥に強いバジルまでも枯れた。しかし今年はトマトが今までで一番よく出来た。pom.jpg写真はほんの一部だがなかなか美味しく量も採れてアッラケッカのパスタを堪能できた。peperoni.jpgパプリカは初挑戦だったが小粒で量は採れなかったがあまくておいしいパプリカが出来た。しかし半分は鳥にたべられてしまった。畑に芸術的なカカシを作るのが以前からの夢だったが来年までに完成させなくては。木村さんも今年はたくさん実ったと思われるブルーベリーを鳥に食べられてしまったそうだ。サル、イノシシ、タヌキ、アナグマ、そして虫たち、との戦いが無農薬野菜作りである。畑のコウロギの音には癒されるが。そうこうするうちに秋がやってき冬がやってくる。夏には冬野菜のポット作りを開始する。nae.jpg
スティックセニョール、カリフラワー、ブロッコリー、ロマネスキ、メキャベツ、黒キャベツ、下仁田ネギ、などの苗が順調に育ちつつある。残暑が厳しく水遣りにおわれる。今年は冬野菜は何がうまく出来るだろう?アスパラもなぜか成長しているので春も楽しみだ。次の季節がまちどうしいな~。 

スポンサーサイト
【2010/09/10 12:25 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<生命力にしたがう | ホーム | 野菜の花>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。