スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
イタリア中部世界遺産
5月のイタリア旅行で全部で9箇所の世界遺産を廻ることができた。オルチャ渓谷トスカーナのオルチャ渓谷はモンタルチーノの村に向かう途中にあらわれた。このあたりもブドウ畑もおおいのだがずーと小高い丘がつづき緑が広がり本当に美しいところだった。目的地に向かうのに道を間違えたおかげでほぼ全域のオルチャ渓谷を眺めることができた。そしてワインでも有名なオルビエートに向かった。こちらは崖の上の村としてとても有名でとても期待していたのだが勝手にとても高ーい丘を創造していただけに、思っていたより普通と言う印象だった。オルビートでオルビエートワインをがぶがぶ飲むのも夢だったが車の移動中、それもならず。しかしドーモの美しさは本当にすばらしかった。そして村の歴史地区が世界遺産として認定をうけているピエンツァ、ウルビーノ、アッシジ、ペルージャの中部の4都市にも訪れた。ピエンツァはピエンツァはとてもかわいらしい町で壁の色が全体的に明るい色調でお花もすべて統一されていてすばらしかった。そしてうわさには聞いていたが町全体がペコリーノチーズの匂いで満ちている。チーズショップには常温でしっかりカビが生えてすごい熟成したペコリーノチーズが並んでいる。そんな店がいたるところにあるので当然そういうかおりに町がなる。ウルビーノにはほんの少ししか立ち寄れなかったが、荘厳な建築は眺めることができた。アッシジは中でもお気に入りの都市のひとつとなった。アッシジ震災のあと見事に復旧していてうわさでは町全体が以前より明るくなったそうだ。アッシジ2
サンフランチェスコ教会をはじめすばらしい建築と町並み神聖さを感じる空間。ちょうどフェスタのあとだったのかにぎやかにかたずけが行われていた。お祭りの激しさをちょっと想像することができた。ペルージャは中田元選手がいたところなのでぜひ訪れたかった都市の一つで高低差のある町全体がとても魅力的だった。そしてイタリア遺産の大御所、ローマはやはり規模の違いを見せ付けてくれた。今回は郊外のティボリにも足を運び、ヴィッラデステとヴィッラアドレアーナにも立ち寄ることができた。特にお屋敷中噴水に囲まれているヴィッラデステはやはり想像どうりすばらしかった。こんなものをよくつくったなーとつくづく感心。が世界遺産以外にもたくさーんすばらしいところがあり、イタリアの文化の奥深さを再確認させられた旅となった。

スポンサーサイト
【2009/06/11 22:17 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<アグリツーリズモ | ホーム | 4年ぶりイタリアの旅>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。